リバウンドしやすい食事制限によるダイエット

MENU

リバウンドしやすい食事制限によるダイエット

 

食事制限によるダイエットは、比較的結果が出やすく、減量という意味では最も効果的なダイエット方法になってきますが、
同時にリバウンドしやすいというデメリットを持つダイエット方法になっています。

 

減量は、基本として摂取カロリーが消費カロリーよりも低ければ身体に蓄えられたエネルギーを使用することになるので簡単に行うことが出来ますが、食事制限だけでダイエットを行うと、身体は栄養不足の状態になり、さらに身体の筋肉が衰えてしまいます。

 

身体が栄養不足になると、「飢餓」の状態になっていると考えてしまい、次の飢餓に備えるために、次に食事をした時にはできるだけ栄養を蓄えるという方向に身体が働いてしまいます。

 

そして、筋肉が衰えることで基礎代謝が下がり、消費カロリーが減っていってしまうので、結果的に溜めこみやすく消費しにくいという太りやすい身体になっていってしまうんです。

 

減量をしながらさらに痩せやすい身体作りにしていくためには、摂取カロリーを抑えるよりは、消費カロリーを増やすというダイエットを行うことが必要になります。 

リバウンドで体重を増やさないための対策

 

ダイエットを行ったものの、ダイエットを辞めた後にダイエットを行う前よりも体重が増えてしまう事があります。これをリバウンドといいます。
実は多くのダイエッターが間違えたダイエットのためにこのリバウンドに悩んでいるといわれています。

 

では、リバウンドしないダイエットというのは、どのようにしていけばよいのでしょうか?まずはダイエット=減量ではなく、消費カロリーを増やしていく身体づくりをしていくことと考えていくようにしましょう。

 

摂取カロリーだけを抑えるダイエットは、身体自体を消費しにくい身体に変えていってしまいます。この消費しにくい身体になることで、リバウンドというものが起こります。

 

ですが、摂取カロリーを大きく変えずに、消費カロリーを高めていくと、同じ食事をしても消費カロリーが高くなっているので当然溜めこむという方向に身体が働かず、どんどん身体に溜まったエネルギーを消費することが出来るようになり、結果的に減量をしていくことが出来るようになります。

 

消費できる身体になるときには一時的に体重は増加しますが、その後体重の減少が起これば、リバウンドしないダイエットができるようになります。

4ページ表示

#サイト名PRリンク